ヘッダー画像

道路交通事故の特徴とその推移

(概況)


我が国における交通事故による死傷者数は、モータリゼーションの進展に伴い、昭和45年い至るまで、年とともに増加し、同年には死者数16765年、負傷者数981096人を記録し、史上最悪の状況に至りました。


このため、交通安全の確保は社会問題となり、国を挙げて、その対策に取り組み、その結果、昭和54年には、交通事故死者数は45年の約半数まで縮小しました。


しかしながら、その後、交通事故死者数は増加傾向に転じ、59年まで交通事故死者数は、(人身事故に限る。以下同じ。)及び負傷者数の増加に比例して、多少の増減はあるものの、ゆるやかながら増加していました。


さらに、60年から62年までは、交通事故件数及び負傷者数が引き続き増加したにもかかわらず、シートベルトの着用の徹底等、被害軽減対策の実施効果等により、交通事故死者数は横ばいにとどまっていました。


しかし、交通事故死者数は、経済活動の活発化や国民の生活パターンの夜型化に伴い、道路交通が量的拡大や質的変化を遂げたこと、シートベルトの着用率が低下したこと、人口の高齢化が進展したことなど、道路交通を取り巻く状況が変化したことにより、63年に1万人を突破し、平成元年以降4年連続して11000人を超えています。


交通事故死者数を人口10万人あたりで見ると、昭和45年に至るまで年とともに増加し、同年には16人となりましたが、46年以降減少に転じ、54年には7.3人にまで減少しました。


その後、若干の増減を繰り返しながら、徐々に増加し、平成4年には9.2人となっています。


また、自動車1万台あたりの交通事故死者数および自動車1億走行台キロあたりの交通事故死者数については、

昭和50年代半ばまで順調に減少してきましたが、その後は横ばい状態が続いています。