ヘッダー画像

自動車保険・担保内容の変遷2

昭和50年3月1日:業務用自動車保険新設:業務用に使用される自家用自動車を対象として、家庭用自動車保険と同様の担保内容及びサービスを提供する新保険として新設


昭和50年3月1日:分割払自動車保険、月掛自動車保険の普通保険約款廃止:保険料分割払特約とした


昭和51年1月1日:自家用自動車保険新設:家庭用・業務用自動車保険を統合一本化し、これらの特長を残したうえ、新たに自損事故保険及び無保険者傷害保険を加えた保険として新設


昭和51年1月1日:自損事故保険新設:賠償事故を除く自損事故による損害をてん補するために新設され、対人賠償保険に自動付帯するものとして発売


昭和51年1月1日:自動車保険普通保険約款改定:被害者直接請求権及び1事故保険金額の無制限化を対人賠償保険に導入し、また、自損事故条項を創設し、自動付帯させることに改定


昭和51年1月1日:車両価額協定保険特約新設:日保険自動車の科学を保険金額と同額とみなして、保険金を支払う車両保険として新設


昭和51年1月1日:搭乗者傷害危険担保特約改定:一般自動車保険およびドライバー保険に任意付帯される搭乗者傷害保険についても、バスを除いて自家用自動車保険に自動付帯される搭乗者傷害保険同様、1事故の支払限度額を撤廃


昭和51年1月1日:記名被保険者による同僚災害担保特約新設(自家用自動車保険):自家用自動車保険の普通保険約款では、同僚災害を免責としているが、非保険自動車の所有者が個人の場合には、旧家庭用自動車保険の趣旨を生かし、この特約を自動付帯することにより、同僚災害を有責とした


昭和53年11月1日:自動車保険普通保険約款改定:車両保険、対物賠償保険については、免責金額およびその制度の改定、保険会社の任意解除条項の新設、保険金請求手続きの明確化等を行い、搭乗者傷害保険については、医療保険金日額の支払限度額を設定


昭和53年11月1日:運転者限定特約改定:運転者の限定方法(記名方式、家族限定方式)を明確化した


昭和53年11月1日:運転者年齢21歳、26才未満不担保特約改定:対人賠償保険と同様、車両保険、対物賠償保険についても年齢条件別料率を導入


昭和53年11月1日:被保険自動車の入れ替えにおける自動担保特約新設:契約者保護・被害者救済の面から、車両入替の裏書処理遅延の場合の遡及的救済を講じた